Logger Script

 長年の経験と最上の実力のコラボレーション 

石灰化/脂肪嚢腫
副作用治療


ボリューム感は維持しして
石灰化は解消する
フレッシュ石灰化治療

 脂肪移植の後、硬くて豆粒みたいなものが触れる場合、 

 普通病院に行けば石灰化されたと言います。 

顔脂肪移植、胸脂肪移植をした後に移植部位に複数の豆粒みたいなものが触れたり、
時には、これより少し大きいものが触れていると感じる場合もあります。
しかし、経験上これは単純な石灰化ではなく脂肪が過度に注入されたり、
生着ができず溶けてしまった脂肪細胞によって生じた脂肪嚢腫の場合がほとんどでした。



医学的に石灰化という表現を使う場合は簡単に
X-ray上で白く見える病変を言う場合が多いです。
病変がCalcificationを見せているとして硬くなったのです。

脂肪の過注入によって生着されず、固まってしまった場合

脂肪が固まる理由は主に一度に多くの脂肪を移植したり、移植された脂肪の粒子が大きすぎるためであり、
誤った今後管理によって発生できる事例であるため、移植の後にも患者自身の注意が必要です。

脂肪過注入による嚢腫と治療の後

時間が経つにつれ自然になくなる場合もたまにあるが、自然治癒に至らない場合、
ひどい痛みとコンプレックスが同伴されることがあります。

超音波を活用した石灰化治療

硬い石灰化現象を治療できる病院も多くないが、ほとんどの治療も専門的ではありません。

超音波を通じた精密な治療と、石灰化を除去した部位で再びオイル嚢胞が発生することができて、
確実な治療が必要です。


FRESH石灰化/脂肪嚢腫副作用治療

驚くほど幼く見える脂肪移植の効果の後ろに隠れている
脂肪嚢腫の原因

脂肪移植に向けて採取した脂肪は

脂肪層や筋肉層や移植される部位に非常に均一で
薄く一定量の細胞が移植になってこその生着率が高いです。

しかし、脂肪細胞が過注入されて組織に均等に敷かれてなく、揉み消されて入っている場合が多いです。
執刀医の未熟な技術と組織の状態をちゃんと把握せず、過度な注入がなったケースが大半であり、
また、このすべてが充足したとしても仕方がなく生じる場合も度々あります。

フレッシュの脂肪移植注入方法
多層・多投与の方法で組織が小さく、
脂肪層と筋肉層に均等に注入にされます。

特定部位に過注入されたケース
注入した組織が固まって、
過度な注入のによる副作用を招きます。

過注入された後
組織の外から我々の体の中に自生する
細胞に囲まれてますます堅くなります。




脂肪移植手術は


組織の中で血管新生が円滑に行われてこそ、
脂肪細胞の生存率が高くなります。
しかし、過注入した場合、血管新生を妨害し、
移植した脂肪に血管が届かず壊死する場合が多いです。


FRESH石灰化/脂肪嚢腫副作用治療

それなら、脂肪移植の後生じたオイル嚢胞は危険ですか?

普通一つか二つ触れることも不安している場合が多いです。
実際に超音波診断を通じて、サイズ測定をしたら顔の場合0.5~1mm
程度の小さいサイズであり、胸脂肪移植の場合0.5~3cmまで多様です。

小さいサイズは自然吸収されたり、問題を起こさないが、サイズが大きかったり、
複数の嚢胞が発生した場合、除去することを推奨します。

このような場合、一般的に病院に行って炎症注射を打てもらうことになります。
  オイル嚢腫によって周りの炎症が死んだ脂肪組織を包み込みながら嚢胞化され硬くなるものだが、 
幸いに降りる場合もあり、原発原因を除去しなくて続いて繰り返される場合もあります。

 脂肪移植整形外科


脂肪移植病院は多いです。




しかし、その多くの病院中副作用を訴えている方の

  硬い石灰化現象を治療できる病院は少なく、超音波を 
 見ながら治療する医師たちは、ごく少数に達します。
 



석회화 치료방법




脂肪移植の後生じた脂肪嚢腫、
石灰化現象は一般的に乳房外科に行って検診を受けた後治療を受けます。
いくつかの脂肪嚢腫が大きなサイズの時はマムモトムを勧めたり、
超音波誘導のもと吸引をすることになります。


手前どものフレッシュはその間脂肪の手術を多く行なっており、 
 単に手術だけをするのではなく、 
 手術後に発生できる副作用について考えて解決するための正しい方法を研究してきました。

脂肪過注入によって生着されず、固まってしまった場合
脂肪が固まる理由は、主に一度に多くの脂肪を移植したとか移植された脂肪の粒子が大きすぎるためであり、
誤った今後管理によって発生できる事例でもあるため、移植した後も患者自身の注意が必要です。


MOMMOTOME

マムモトム施術方法

真空装置と回転剣が付着された微細な針を利用して乳房組織を切って摘出する検査法です。
乳房組織の針組織検査法で広く利用され、最近は線維腺腫のような瘍石こぶを除去する方法の対処法としてマムモトムを利用する傾向があります。
肌に相対的に小さな5-7mmの小さな傷だけを残すことになって美容学的にも多く使われ、様々な理由で発生した触られる腫塊を除去する大きな長所があります。
自動銃 生検法より多い量の組織を採取することができ、乳房病変の大きさが少なく、
とびとび生じられる微細石灰化や他の乳管の内に発生する様々な病変でもよく使用されます。


Ultrasound - induced aspiration

超音波誘導のもとの吸引施術方法

フレッシュでは0.1mm程度の微細なサイズの脂肪嚢腫も正確に見つけることができる高性能の超音波誘導を通じた嚢胞の除去をしています。
嚢胞が変性して病的問題がないなら、単純吸引だけでも多くの好転を見せます。

超音波で病変部位を確認した後注射を打つことになります。

超音波を通じて注射針の位置と注射液の方向を確認します。

吸引の時、単純な炎症を緩和する注射より生着されずに死んだ脂肪組織が
作った壊死油を除去して炎症組織が生じないようにすることが一番重要です。

最新の精密超音波検査装備の導入!(SA MSUNGプレミアム超音波)

SAMSUNGプレミアム超音波 - H60

IT製品の先頭走者であるSAMSUNGで作った超音波装備で放射線露出の恐れなしに
皮膚の中を透視して安全に肌の健康状態をチェックすることができる装備です。
フレッシュでは三星(サムスン)プレミアム超音波装備を利用して、皮膚の中の隠れている石灰化を捜し出して、
治療を実施し、特にこの装備は Needle Mate機能が強化されており、バイオプシーの針が 
超音波映像で鮮やかに見えるように手伝ってくれて石灰化治療に大きな効果をあげることができる機材 です。

Digital TGC preset

一般的に、観察しようとする部位の深さが深まるほど、超音波の透過程度が低下するものです。
しかし、H60は低くなる透過力を補完するため、TGCを利用します。

Needle Mate

Needle Mateはバイオプシーの針が超音波映像で
鮮やかに見えるように手伝ってくれる機能です。

Panoramic

連続的な超音波映像を利用して広い視野の映像を求める機能です。



正確な診断と安全で優れた装備を通じて

脂肪関連の手術だけでなく、
ほかの病院での誤った手術による

'副作用の治療まで'

100%満足感を差し上げる脂肪整形専門病院
としての位相を備えています。