Logger Script

美しいライン、黄金比率の胸 
保形物・胸の整形


フレッシュの保形物・胸の美容整形は最も理想的な胸のラインと形態、触感、
サイズなど本人に最も適合した保形物を考慮して最も理想的な胸の黄金比率を模索します。
胸は女性のシンボルと言えるほど重要な部位です。胸は女性のシンボルと言えるほど重要な部位です。
体が成長する過程で、胸の発達が不足したり、出産と体重減少によって胸が垂れたり、減った場合、
双方の胸の非対称が酷い場合において胸の大きさと形を美しくて弾力ある胸で作ってあげる手術です。
フレッシュの胸の整形は多年の蓄積された経験とノーハウとともに
最先端の内視鏡装備を利用して女性のシンボルであり、
魅力ポイントである胸を美しく作らせていただきます。

コジェル胸の整形

コジェルベクは(Cohesive Silicon gel implant: 粘度を高めたシリコンが入ったバック)は、
過去に問題になった液状シリコンゲルとは構造的に違う新しい形態のシリコンゲルです。
内部に液体の形ではなく固定の形のジェルが入っている形で凝集力が良い、

保形物損傷の時にも体内には広がらず、固まるように開発されました。
触感が生理食塩水の保形物に比べてよく、手術の後、形が自然て最近、
胸の拡大術で最も多く使用されている保形物です。

どんな姿勢でも美しくて
自然なコジェル胸の整形

コジェル(コヘシブジェル)は液体型ではなく、お互い凝集する粘着力があるゼラチンの形のシリコンが使われるため、切り分けた状態でも流れたり、広がらないので安全です。また、乳房組織と類似した肌触りを持っており、自分の体で感じ、横たわっている時自然に横に広がり、形を整えてくれるので、自然なことが大きな長所です。


コジェル(コヘシブジェル)スムースタイプ


表面が薄くて、手触りが柔らかくてすんなりして小さな切開で挿入が容易し、
手術の際に位置を取るのに、容易します。
保形物が破裂する確率が少なく、胸の中で集まったり、広がる動きが自然な反面、
手術の後3~6ヵ月程度マッサージを熱心にしてこそ、球型拘縮を予防することができます。


コジェル(コヘシブジェル)テクスチャータイプ

表面にごつごつした枠組みがある保形物で、
その間に組織が育ち入るため、胸の空間が締めなくて球型拘縮が少なく、
手術の後マッサージが必要ないのが特徴です。しかし、手術が複雑で、
スムースタイプにさらに一枚をコーティングしたものなので、
外皮の厚さの感じによって形成されるリプルリング現象が少しもっと触れることができ、
肌触りが下がり、胸の中での動きが少ないです。

水玉胸の整形


水玉胸の美容整形はしずくが下に流れる直前の胸の形を意味します。 
国内で最も多く使われる保形物であるコヘシブジェル(コジェル)の中、
水玉の形の保形物を使用する手術で胸の動きがしずくが動くように胸の形や動きの自然さを強調したのが特徴です。
しずく型の保形物は乳頭の先が(韓国の)
足袋先のみたいに少し尖った形にデザインすることができて胸の整形手術の際、
最も自然な胸を持つことができます。

人為的でなく 
自然な胸のライン


目で見える自然さだけでなく集められさと広がりの程度、サイズ、
形、流動性の面を全て満たし、異物感が少なく、満足感が高いです。
人為的な自然さではなく、
どんな姿勢でも美しくて自然な胸の整形です。

しずく保形物の長所

入院が必要せず、
回復が早いです。
手術の後、
血ポケットを
着用しなくても
いいです。
わき切開に比べて
痛みや出血、
神経の損傷が
著しく少ないです。
ほとんどの場合、
手術をした当日にも
腕の動きが
自由にできます。
各個人別体型を考慮した
保形物の大きさや
デザインを選択
することができます。
初めての手術の以後、
変形や形の
不満足による再手術が
容易します。

切開部位による手術法

わき切開



わきにある自然的なシワに
約2~3cm程の切開をして
シリコーンバッグを挿入する方法

わきに本来あるしわの線に切開をして傷跡を最小化して、
保形物を挿入する空間は直接目で確認するため
正確な手術が可能です。
手術時間が短いため、
手術の後に回復が早いのが長所です。

乳輪切開



肌の色が濃い乳頭の周りの乳輪を切開して、3~4cm程度切開をしてシリコーンバッグを挿入する方法

わ保形物が位置するポケットの
真ん中に切開を加えるので手術が簡単で、
ポケットを最も対称されることができ痛みが少なく、
腕の動きが比較的自由なのがいいです。

乳房下切開



胸・腹の上の方で自然に折れる所に
3~4cm程度切開をして
シリコーンバッグを挿入する方法

직접 가슴 밑을 보면서 수술하므로 수술이
가장 간편하고 수술시간이 짧습니다.
이 수술법은 유방의 밑주름이 선명한
경우에 아주 유용한 방법입니다. 주로
재수술일 경우 적합한 방법입니다.

保形物の位置による手術法


筋肉の下に挿入保形物を胸の筋肉の大胸筋(後ろ)に挿入する方法

大胸筋という胸の筋肉の下に保形物が挿入される方法で、韓国の女性みたいに緻密乳房の場合、
保形物の上の組織に筋肉が追加されるため、さらに自然で、横の姿でしずくの形になりかねず、たくさん好む方法です。
胸の組織と筋肉が同時に膨張されるため、もっと痛みを感じることができて回復期間も遅延される可能性もありますが、
何より球型拘縮の発生率が相対的に低くいので主に施行する方法です。

筋肉の上の挿入保形物を胸の筋肉の大胸筋(上)に挿入する方法

垂れ下がった胸や胸の組織が豊富な場合有利て、筋肉の収縮によって保形物が動いておらず、形の予測が可能です。
乳房癌の検査を行う際、邪魔にならず、授乳にも支障がありません 。
しかし、胸の組織が不足する場合、保形物が触れながら、球型拘縮の発生確率が高いです。



保形物・胸の整形前後の写真