Logger Script

完璧なブイVラインを完成させる
フレッシュ顎なし
ライン・フィラー

Why

 顎なしライン・フィラーは
 フレッシュなのか?


あごラインの皮下層はもちろん、脂肪層と筋肉層まで
ボリュームを極大化して顔全体的に立体感を生かして
自然なあごラインで童顔なイメージを作ります。





顎なしライン・フィラータイプ別の前後写真
フレッシュ黄金ライン顔の割合


  •     ‘顎なしライン’である場合(突出された口を改善)
  •     
  • 顎なしラインのせいで口が突出して見える場合、フィラー注入を行い自然な顔のラインに改善します。.
  •     まっすぐなあごの場合
  •     
  • 先の部分にフィラーを注入してボリュームを与え、立体感のあるVラインに改善します。
  •     短いあごの場合
  •     
  • あごの前の方と顎先ラインにフィラー注入を行い、シャープでボリュームのあるあごのラインに改善します。
  •     短いあごの場合
  •     
  • あごの前の方と顎先ラインにフィラー注入を行い、シャープでボリュームのあるあごのラインに改善します。
  •     全体的に丸いU形のあごの場合
  •     
  • U形のあごラインをフィラー注入を行い、Vラインのあごラインに改善します。
  •     両顎手術や顔面輪郭、保形物による2次境界が生じたあごの場合
  •     

  • 2次境界が生じた顎の端の部分にフィラー注入を行い、境界をなくし自然なあごのラインに改善します。
  •     あごが非対称な場合
  •     
  • あごの非対称部分にフィラー注入し、非対称を改善します

適用原理

フィラーは人体の皮膚成分と同一の

ヒアルロン酸成分の注射剤です。

効果の部位

しわの除去、鼻筋、唇、

額や顔の陥没した部位の矯正、
ほうれい線、目の下の涙袋、
顎、頬

フィラー特徴

施術が繰り返されるほど、
効果がさらに長く持続になって
注射頻度が減ることになる傾向が
あります。

images


images



フィラーの種類

フィラーは大きくヒアルロン酸とカルシウムに分けることができます。
維持期間、安全性、肌の状態によって、本人に合うフィラーの施術を受けなければなりません。

4世代
PCL成分のフィラー

持続期間 : 2年以上

いままでのフィラーの短所である
安全性と持続性を大幅に改善する
PCL成分–全体のボリュームを一定に
維持しながら体内で完璧に分解されて、
安全で形態が長く持続される。
PCL成分構造によって維持期間を
1~4年まで調節できる。
肌の中で弾力と再生を管するコラーゲンを生成して施術後の形が自然に維持される。

3世代
カルシウムフィラー

持続期間 : 1年~1年6ヵ月未満

主な成分 – Calcium hydroxyapatite (CaHA)HA fillerとは違って、
骨を構成する成分らしい
硬い感じを与えるフィラー–ボリューム
増強にさらに有利な効果を与えることができる。
年とった人の深いしわにHA fillerが
満足度が高い。

2世代
のヒアルロン酸フィラー

持続期間 : 1年未満

人体のいたるところに存在する皮膚の
弾力と潤滑作用の役割をするヒアルロン
酸を利用したフィラー。
安全性が非常に高いが、
体内に完全に吸収される性質の
せいで施術の後、
徐々にボリュームが減る。
6ヵ月から1年ほど経つと消滅する。

1世代
ヒアルロン酸フィラー

持続期間 : 3ヵ月~6ヵ月

牛革から抽出したコラーゲンを主な
成分とする"ジャイドム"が代表的である。
短時間に確実なボリュームの効果が
期待できる最初のフィラーだが、
突然の形態変化による不自然さ、
硬直するのが短所である。

施術一ヵ月前、
皮膚のアレルギー異常反応をテストする
煩わしさがある。
最近はほとんど使われないフィラー


フィラーの手術部位


低い鼻や鷲鼻など、
陥没された部分を満たして矯正することができます。


額やこめかみの部位が凹んでいる場合、
簡単なフィラー施術だけで凹んだ部位を満たして
矯正することができます。
額は施術した時、最も満足度が高い部位です。

凹んだ頬
頬に脂肪がなくて凹んで見える場合くぼんだ
所を自然に矯正することができます。

目の下の涙袋
目の下にやや厚めに肉があれば目元がはっきりと見え、
幼く見える効果を見ることができます。


(上・下)両唇の調和に、
よく手術の目的をおきます。

貴族(ほうれい線)
老化が始まりながら、
弾力が衰えて頬が垂れ下がって生じるほうれい線を
フィラー施術で補って完璧に矯正することができます。

顎ライン無し
手術の代わりに手軽で安全に
フィラーで矯正が可能です。


フィラー前後写真